美容外科の求人で転職しよう

過酷な病院勤務で転職を

過酷な病院勤務 営業ノルマなど 最低限のマナー 美容外科の転職専門サイト

近年、看護師業界では美容外科クリニックへの転職がブームになっています。かく言う私も、3年ほど病院に勤めたあと、地元の美容外科へ転職しました。病院の仕事が非常にハードで、夜勤も辛かったためです。私の周りでも、同じように激務の病院から美容外科へ転職した人は多くいます。その理由としては、夜勤が無く生活リズムが整えられること、給与が高く残業が少ないこと、生命に携わるプレッシャーが少ないことなどが挙げられます。このため、こういった業界へ転職を希望する人が年々増えており、求人を取扱う専門サイトなども多くなってきました。


サイト検索
医師転職ドットコム

ワンランク上の手術を目指して選んだ美容外科の求人

美容外科で働くことを希望していたので、看護師の資格を取って病院に少し勤務してから転職をしてクリニックで働く道を選びました。手術の補助をするのが看護師の役割として大きなものだというのは現場を見たことがあったのでよく知っていて、その仕事を中心に置けるスキルがあればずっと美容外科で働けるだろうと考えたからです。結果的にはそれが正解で、病院から転職したときには二年間の手術室勤務の経験があることを高く評価してもらえました。転職のときに行った面接では対応してくれた人のうち二人がメインの執刀医だったので、手術補助として役に立つかどうかをよく見てくれたのでしょう。面接の時点でもその印象を受けたので、きっと充実した仕事ができるだろうと考えていました。

ところが、現場に出てみると病院で働いていた頃のように充実した仕事ができたわけではありませんでした。そのクリニックで行っているほとんどの手術は基本的にはプチ整形と言われるもので、顧客が来たらその場で手術を行って帰ってもらえるという簡単なものばかりだったのです。本当に自分が看護師として医師の隣にいるのに意味があるのかと疑問に思わざるを得ませんでした。営業ノルマなどもなくて楽に働ける職場だったのは確かですが、本格的な手術は二ヶ月に一度程度しかなかったのであまり張り合いがなかったのは確かです。それがだんだんと嫌になってきてしまって、ワンランク上の手術を補助できる職場を探そうと決めました。 美容業界は競争が激しいので安易に同業者に転職するのが大丈夫かという心配がありましたが、プチ整形がメインか、本格的な執刀を行う手術がメインかで住み分けがあるはずだからきっと大丈夫だろうと考えていました。ただ、距離的に近い職場に直接転職してしまうと厄介事があるかもしれないという懸念はあったので、一度アパレル系のショップに転職して一年ほど勤めて、それから美容外科の求人を探すようにしました。これに意味があったのかどうかは今となってはわかりませんが、お陰で前のクリニックからも今のクリニックからもその点を言及されたことはありません。

ワンランク上を目指す上で必要だったのは情報収集でした。通える範囲にあるあらゆる美容外科のホームページを見て、扱っている手術内容や実績について調べました。ホームページ上で明示していないクリニックについては口コミ情報を参考にしてどのような手術を受けている人があるのかを確認していき、候補になるクリニックを絞り込みました。アパレルショップで働いている期間は時間的にゆとりがあったので、このような調査を行っている余裕があったのです。その結果として二つの候補があり、どちらからも看護師の求人が出ていたので応募しました。最初に応募したのは全国的にも有名なクリニックだったので挑戦という感じでしたが、案の定、採用してもらうことはできませんでした。経歴的に申し分はなかったはずですが、一年のブランクが有るのが気にかかったのかもしれません。もう一つの方は関西地域では名の通っているクリニックからの求人であり、これの方が実は待遇面からは魅力的でした。こちらも全くノルマ制がないという形になっていたので、手術の補助に精を出せると考えていたからです。こちらについては応募したらすぐに採用してもらうことができました。アパレルショップの方は引き継ぎ内容はほとんどなかったので二週間で退職することができ、すぐに新しい美容外科で働き始めることが可能でした。今は毎日一度か二度はメスを使う手術の補助に入ることができているので仕事のランクも上がって充実した日々を過ごせるようになっています。